クラウド会計だからカンタンって思っていませんか?

この時期本当に思うのですが。
クラウド会計だから自動で帳簿ができてカンタンって思ってませんか?
ほとんどの方は自動で帳簿ができあがると思っているのですが「それはあなたのためにならない誤解」です。
会計基準(零細企業から上場企業まで微妙に異なる基準が存在しますが)にそった計算書類に「誰が後始末してくれるの?」ということです。
ここで、クラウド会計が自動で預金取込などしてくれるのだから、ちょっとの作業でいいんじゃないの?
いいえ、違います。
ちょっとの作業でなんとかなるというのは、正確には「最終的に申告資料になるようなちょっとの気遣いで平素から設定・運用していれば」なんとかなる・・のです。
だから、あなた又はあなたの身の回りの人が無責任に「クラウドで自動生成したデータだから確定申告カンタン」と思って保持しているデータは、多くの場合無責任なやり散らかし放置データである可能性大なのです。
プロが最初から設定管理したらクラウド会計ソフトってそれなりに便利な部分はありますが。
初心者の方が「いやー銀行残高も自動取込でクレジット使用履歴も確認できる、資金繰りも見られるし・・」と思って見ているそのデータは多分そのままでは申告に対応できませんよ。
「クラウド会計だからカンタン」
「一流企業も採用」
踊らされてませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください