弥生会計の仕訳一括置換で消費税コードを修正したい場合

消費税が増税されて暫く立ちました。

消費税コードを間違えて沢山仕訳入力してしまった方もおられるでしょうか。

例えば下記のように消費税コードを設定して、同様の仕訳を大量に入力した場合。売上を全部(課税10%)の消費税コードに修正したいとします。

(借方)現金***(消費税対象外)/(貸方)売上***(消費税非課税)

知らなかったのですが、このような修正を仕訳一括置換設定で消費税コードを指定して行うことができないんですね!

置換で消費税コードを指定して修正しようとすると、借方の現金までも同じ消費税コードにされてしまう。

とりあえずこうすれば良いのかな?

  1. ダミーの科目売上Zなどを作成して科目設定で望む消費税率を設定する
  2. 仕訳一括置換で科目を指定して設定する・・上記で売上を売上Zという科目に置換するように設定
  3. 上記の設定の際に「置換後の科目設定に合わせて税区分を再設定する」にチェックを入れる
  4. 売上Zに一括置換して消費税コードを望みのものに一括変更する
  5. 再度、売上Zから元の売上という科目に一括置換する

・・・面倒くさい・・ですよね・・。

令和2年2月17日(月)時点での仕様ですので。改善があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください