国税庁年末調整控除申告書作成用ソフトを現時点で使ってみようとされる方へ

以前、国税庁の年末調整控除申告書作成用ソフトって使えなくない?・・と書きましたが。

現時点では従業員さんに「PCのMicrosoft Store版」か「スマホアプリ」を使って「紙で印刷(PDFとか)して貰ったものを送って・・」が良いと思われます。それならそれなりに使えるし、今後を見据えて慣れておくのも良いかと。

国税庁が作成配布始めた「年末調整控除申告書作成用ソフト」ですが。

ベータ版の時から見ているのですが、今は正式版1.1.2だそうで。

https://www.nta.go.jp/users/gensen/nenmatsu/nencho.htm#soft_dl

これはインストールの敷居が高い。

何故かというとWindowsPC版のファイルを展開すると出てくるのが「CordovaApp.Windows10_1.1.2.0_x64_Test」と言うフォルダって時点でTest?って不安になるし。

インストール手順PDFを見てみると「[開発者モード]をクリックします」などと書いてある。

私はベータ版の時点でインストールなど試しているので「そういうものか?」と思って動作確認していましたが。

正式版になってもこの状態って繰り返しますが、敷居が高くないかね?

スマホアプリの「令和2年版 年末調整控除申告書作成用・・・ (国税庁)」とMicrosoft Store版のアプリはインストールが簡単なので。

下記のことを考慮すると、アプリ版で従業員さんに作成して貰ったものを、紙で印刷して(あるいはPDF出力して)会社に送って貰うのが現実的です。

  • 従業員さんに紙で渡して書いて貰うと書き方が分からないと白紙提出されることがあるが、アプリは入力誘導されて入力すれば用紙記入が済んでしまう
  • 従業員にデータで送って貰っても読み込める給与ソフトが出そろっていないので、データで会社に送られても内容確認できない

なお、マイナポータル連携とか使おうと思うと現状のアプリ版ではできないことがあるとサポートデスクでは確認しましたが・・皆さんそこまで要求してないことが殆どでしょうから・・。

 

 

新型コロナウイルス感染症特例リスケジュール実施要領

コロナ借入で乗り切っても、その次の返済で・・という懸念は多くの事業者が共有していると思います。早めに多角的に情報を集めておきたいものです。

詳細は中小企業庁下記サイトで確認していただくとして。都道府県に設置された中小企業再生支援協議会などなど、この種の支援先に相談に行くのは「いよいよ切羽詰まってから」ではないことが望ましいと思いますので。お早めに・・様々な支援先の話を聞いてみることをおすすめします。

https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/saisei/2020/200406saisei.html

茂原長南ICと一宮エリアを結ぶ国道409号「長生グリーンライン」の1.5k

茂原長南ICと一宮エリアを結ぶ国道409号「長生グリーンライン」が一部開通とされてから数ヶ月経過しましたが。坂本ってどこ?と思う方もおられるでしょうね。まだ1.5kしか完成していないわけですが。いつになるんでしょうかね。

http://www.pref.chiba.lg.jp/cs-chousei/douro/koukikaku.html
千葉県のサイト記述では下記のような位置付けなんですね。

「本路線は、外房地域の骨格都市である茂原市及び以南の地域を連絡する地域高規格道路で茂原長南インターで圏央道にアクセスし、首都圏への広域的な交通ネットワークを形成することにより、県都1時間構想を実現するうえで重要な道路であります。」

マキ(千葉県の木イヌマキ)の生垣を刈り込む季節

正月を見据えてイヌマキの生垣刈り込みをはじめる家々
イヌマキの葉と実
イヌマキの葉と実

もう今年も終わるんだなという気分。

千葉県ではイヌマキを生垣に使っている家が多いですね。「マキ」という名称で千葉県の木として指定しているようです。

11月ともなると正月を見据えて生垣を切りそろえる家がちらほら。我が家もご多分にもれず。

高齢化の進んだ部落ですから、お互い気をつけて作業して欲しいなと切に願います。

イヌマキといえばいくつか思うこと。

イヌマキは常緑針葉高木だそうであるが。葉は針葉樹?という微妙な細さ(太さ)です。子供のころは葉っぱで手裏剣とか作りました。写真のように赤く美味しそうな実を付けるのですが、ムニュッとした歯ごたえで、味は・・ボヤーッとしています。酸味もないし香りもさしてしない・・・残念な感じ。それでも、マキの生垣は台風時しっかり風から家を守ってくれる頼もしいヤツなのです。