トヨタのKINTOでアクアを43,450円税込/月で使うのは損なのか?

以下の記事はあくまで概算です。また細かい数字は正確性を保証しませんので、実際の契約を考慮する場合はご自分で内容の詳細確認をお願いします。
上記がトヨタの自動車サブスクリプションと銘打って展開されているKINTOです。
自動車を使うのって自分が思っているよりずっと高コストです。
サブスクリプション(月額会費制のようなもの)契約がちまたで流行っていますが。TOYOTAのKINTOは未だ苦戦しているようです。
KINTOがいわゆるファイナンスリースと違うのは。
・通常自動車などのファイナンスリースは中途解約すると残債を払うことになる(購入したと効果は同じ)
・保険は自分で別途加入
顧問先で似たような事例がいくつかあったので、実例を土台に例を作成して考えてみます。
・アクアを2014年一月に2,150,000円で購入
・諸経費は別途約120,000円
・自動車税は2,540円/月発生
・重量税は625円/月発生
・自賠責1,160円/月発生
・任意保険は毎年60,000円
 上記は私が概算で設定したものなので大雑把なものと考えてください。
これを5年間で計算します。
総額で2,829,500円となります。5年経過後売却したら下取が5万円で計算してみますね。
なぜ5年?普通乗用車の耐用年数は6年では?ですが。実際アクアで5年経過時に電池交換が必要だと言われ、買い換えたものの下取り価格がほぼつかなかった事例があるからです。
 ディーラーで下取りしなければ・・という意見もあるでしょうから、では電池交換しないで下取り5万円ついたとします。
(2,829,500円-50,000円)÷5÷12=46,325円。
同条件で下取が200,000円あったとして43,825円。
KINTOって税金や任意保険などの諸経費が含まれての使用料なので。案外アリですね。
中途解約もわかりにくいですが下記のような記述があるので。リースよりは全然良いですね。
****
・KINTO ONEの中途解約金は残利用料+追加精算金となります。
(一例)RAIZEの月額39,820円(税込)の車種をご契約し、18ヶ月で解約する場合:中途解約金が月額利用料3ヶ月分になるため、119,460円(税込)となります。
※ただしご返却頂いた車両の状態によっては特約精算金が必要になる場合がございます。****
また。三年したら新車になってしまいますから。新車を購入する場合一考に値するかなと。
でも。自動車が道具の人は綺麗な中古車に長く乗るのが賢明です。それと比較しちゃうと新車購入は無駄と思えるかもですね(^_^;)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください