freeeなどのクラウド会計よりも弥生会計のデスクトップ版が優れている場合

 freeeなどの・・には弥生のオンライン製品も含めてですが。
 クラウド会計がもてはやされた風潮が沈静化して、結局パソコンで弥生会計の方がいいねと落ち着いてきた感じがする。
 もちろん。情報通信の世界でクラウド化の大きな波は止まらないけれど。中小企業の会計や税務申告でfreeeなどがアピールしているポイントは的が外れている気がする。
 とにかく「自動で預金取り込みなどができる」と勘違いしてやりっ放しな人が多いのに辟易。
 後始末できないのに中途半端に会計ソフトに預金やカード使用明細を取り込んじゃダメなのである。
 freeeなどを使ってクレジット明細などを自動取り込みして何がいけないのか?と思う方への試金石は次の視点だと思う。
 「毎月の制度会計上の試算表をきちんと確認できてますか?」
 この意味がわからなくて、単にクラウド会計ソフトに自動連携で何かがイイカンジで行われていると思っているなら「即使用を見合わせる」ことをおすすめしたい。
 やめなさいと言うだけでは芸がないので。提言を。
1.会計ソフトはPCのデスクトップ版にする
2.口座やクレジット、プリペイドカードの管理・確認はMoney Forward MEにする
 1.では預金自動取込ができないじゃないかとお考えなら、弥生会計や今時のその他のPC版ソフトはできますので。確認を。
 データもクラウドにおけたりするわけだし。そもそも決算書やその他の修正処理までを考えると「クラウドのもっさり環境でやってられない」ことを理解していただきたい。
 そこで2.なのですが。
 Money Forward MEや類似のソフトで口座等管理できればそれで十分な人多い気がします。だから1.+2.で行ったら何かと幸せだと思うのです。
https://moneyforward.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください