一般社団法人日中科学技術文化センターの教育センター

一般社団法人日中科学技術文化センターという社団、けっこうな歴史があるのですね。 その教育センターというのが居住地にいつの間にかできていてビックリ


 一般社団法人日中科学技術文化センターという社団は長い歴史があるのですね。 その教育センターというのが居住地にいつの間にかできていてビックリしました。

 少し方向性の違う話なのですが。一宮少年自然の家という船橋市の施設が昔からここ(千葉県長生郡一宮町)にあります。 よその自治体の少年自然の家というものがドンとあるのわりに一宮町と船橋市の交流という話題が一般市民に馴染み薄いです(されてるのかな?)。

 少年自然の家は趣旨が違うのだと思いますが、一般に福祉を目的とする活動や資源はひっそりとそこに置かれていますね。これって障害者さんなどを重視する領域として悪く言えば十把一絡げに福祉系全体の空気感を作り上げてしまっている状況なのだと思うのです。

 そういうひっそりさはどうなんだろう。ノーマライゼーション(このカタカナ語使うのイヤなのですが)を重視するなら、是正の方向に向かう兆しの欠片くらいみえても良いのにと思うのです。(見ようとすれば見えるのかも知れません)

 翻ってこの社団の施設も、町単位で日中交流とかを考えるような何かがあれば良いのじゃないかなと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください